2016年11月10日

どんなVISIONを描く?

それでは、私たちのVISIONについて投稿させていただきますね(^^♪



ちょっと真面目な話なので、


まじめに書きますね('ω')イツモハマジメジャナイノ?


20160420135552705.jpg

どうぞ、


「へえ〜」 とか 「ふ〜ん」


で終わってしまうことなく、



一緒にVISIONを思い描いてみてください。


きっとワクワクウキウキしてくると思いますよ♪



私たちのVISIONは


私たちは為に生きる精神に基づいた志を立て、家族文化を地域・社会・世界に拡大し、誰もが輝く、希望の世界を実現していきます!」

です。


「誰も」とは誰があてはまるのでしょうか。


老若男女問わず、国籍問わず、肌の色問わず、障害問わず、身分を問わず、宗教問わず、誰でもです。

もちろんその中には自分自身や自分の家族も含まれています。


ではどのようにすればそんな理想的な世界が築かれるのでしょうか?


強制的に一つの宗教でまとめ上げる?全員を洗脳し、服従させる?

そんなオカルトチックな考えは毛頭ありません。


過去の宗教の誤りがそうした独善的なものだったとは周知の事実です。


また、それは誰も望んでいないし、そもそもそんなことは不可能なことに違いないからです。

だからと言って、観念的なものや漠然としたもので終わらせるつもりもありません。


20161108111009162.jpg




では、本題に入ります。


私たちが掲げているのは「人類一家族世界」というものです。

そしてそれは私たちが家族文化を発信し、理想家庭モデルを実現し展開していくことによってなされると確信しています。



つづいて、家族文化とは何でしょうか?


家族文化とは、

私とあなたは本来兄弟であり、お互いのために生きあい、お互いを信頼し、お互いを愛しあうのが当然の仲なのだ、

という考え方に基づいた、行動様式、生活様式であるといえます。



そうした文化を「誰とでも」築くことができれば、平和な世界が実現されるに違いありません。


同じ兄弟姉妹であれば、価値観が違っても、肌の色が違っても、たとえ障害を持っていても、

「繋がり」を断ち切れるものはないのですから



20161108112340068.jpg


ここまで読まれてどうだったでしょうか?

共感してもらえましたか?


それとも

「あ〜、よく聞くよねそれ。でも結局は理想でしょ?できっこないよ」

と思われましたか?


多くの方が後者だったのではと思うのですが、


初めにも言いました。


自分たちは漠然とした観念で終わらせるつもりはありません!

「できたらいいな〜」

では終わらせません!



どうすればこのVISIONに近づけるか?
それは次回、MISSIONについてお話させていただきたいと思います!

乞うご期待(^^♪
posted by pazu at 00:00| Comment(2) | 鳥取CARPとは!! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めてコメントを送ります。
CARPのVISION、家族文化、「人類一家族世界」素敵でいいですね(^_^)ただ現実的に見ると難しいんじゃないかなと思ってしまうのもありますね。皆さんのこれからの活動とブログの次の展開に期待しています。
Posted by 麻広 (あさひろ) at 2017年01月09日 11:45
潜在的にある人との壁、これを解決することは簡単ではないと思いますがその壁から解き放たれた時、真の関係性が始まるのでしょうね。
MISSION 期待してます。
Posted by 渉 at 2017年03月01日 13:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。