2014年02月07日

前夜の出来事。

どーも。2週間ぶりです。
月を越して今や二月となりましたね。


二月といえば そう!
節分!豆まきですね。  鬼はどっかいっけーぃ! 

ということで
おそばせながら 我々も 
昨日  ”えっほうまっき”というものを食べまして・・・。はい、恵方巻です。


個人的に節分といえば豆まきというイメージでしたが
最近は恵方巻というのも話題になっているそうで・・・
少し調べてみました。


恵方巻とは何ぞや?

    豆まきと同様に「厄除け」のために食べる、もともと関西圏の文化

   その年の恵方(縁起のいい方角)に向かって黙って巻きずしを食べる。
   起源は定かにはなっていないが、大正時代にはすでに風習としてあった。

そう結構前からあったものらしいのです。






   しかし!
ここで重大な事実を発見する。 



   実は”恵方巻”という名前は最近つけられた名前だったのです。



とある日、会議室で・・・・
部長:う~ん、何か新商品になるものはないかね?
社員A:二月といえば節分ですよね。豆を使った何か・・・

部長:いや、今回は”節分=豆”という固定概念を打ち破りたいんだ!!!!

社員B
:そういえば、うちの実家では節分ゆうたら”丸かぶり寿司”食べますね。
部長:ま、丸かぶり寿司だと・・!?


    ・・・中略・・・


部長:よし!それでいこう!


こんなやり取りがあったは知りませんが、
某コンビニエンスストアが全国販売のために
商品名として採用したのが広まったのだとか。
それまでは、”丸かぶり寿司”とか”太巻き”と呼ばれていたそうです。
(Wikipediaより抜粋)







そんなこんなで
某工学部生くんとターキーさんが作ってくれました〜
ジャジャーン!!
DSC_0011.JPG


豆はまかなかったですが。
季節を感じられる良き一日でした。
posted by pazu at 21:39| Comment(2) | 鳥取CARPの日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする